&
トップページへ
横響と「第九」を歌う会

 「横響と『第九』を歌う会」会員は、毎年新しく募集され、横響合唱団団員とともに十数回の練習、オーケストラ合わせを経て、 年末の横浜交響楽団定期演奏会に出演します。 現在、主催横浜交響楽団、共催横浜市文化観光局、後援神奈川県教育委員会のもと、 会員の募集事務・練習運営を横響合唱団が行っております。  歌唱指導には、横響合唱団指揮者の飛永先生が当たっておられます。

 横響による初のベートーヴェン「第九」の演奏は、1950年(昭和25年)に、当時伊勢佐木町通りにあった米軍フライヤージムで行われました。  終戦後5年の食物にもこと欠く時代に、聴衆は7000人に及んだと記録されています。  横響ではそれ以降、毎年年末に第九演奏会を催すことになりました。  1969年には、初めて合唱員を一般市民から募集し、田頭喜久弥氏(現横浜音楽文化協会会員−作曲・指揮)の指導による10回ほどの練習で演奏会に臨みました。  この方式は一応の成功を収め、公募の「横響と第九を歌う会」会員と横響合唱団、横浜交響楽団による第九演奏会は年末の恒例となり、 現在までの約50年の永きに亘り、多くの方々に親しまれています。  その間、1978年に歌唱指導が田頭氏から、横響指揮者の甲賀氏に委ねられ、更に2013年に現指導者の飛永氏に引き継がれました。  演奏会場も、合唱員の増加とともに、県立音楽堂から、より広い県民ホールへと移されました。

  本年2020年も募集を行います。 演奏会は12月13日(日)の予定で詳細は7月頃に発表されますので、それまでお待ち下さい。

≪ご参考≫ 昨年度(終了分)の練習と演奏会

●申込み受付  9/22(日) 17:00〜  磯子公会堂
●練習  9/22(日)  10/3(木)・10(木)・17(木)・24(木)・31(木)  11/7(木)・14(木)・21(木)・28(木)  12/5(木)・12(木)    18:45〜20:45  磯子公会堂講堂
●オーケストラとの練習
 12/14(土)・16(月)   18:30〜20:30  横浜市技能文化会館
●演奏会
 日 時  12月22日(日) 14時開演
 会 場  神奈川県民ホール(大)
 指 揮  飛永 悠佑輝
 独 唱  S 横山 和美・ A 松浦 恵・ T 工藤 和真・ Br 池内 響
 合 唱  横響と第九を歌う会・横響合唱団
 管弦楽  横浜交響楽団
 ←詳細は「募集要項」をご覧ください。