&
トップページへ



練習見学
入団希望
問合せ等

または Tel.
070-6467-7098
木本 (きもと)



団員の部屋
練習録音
【団員専用】


2015.11.11 開設
指導者の紹介
泉 翔士
  指揮者

泉先生の写真

1991年生まれ、千葉県出身。東京音楽大学指揮科卒業、同大学院指揮研究領域修了。第4回井上道義による指揮者講習会優秀賞受賞。 クラシック音楽の分野以外にも新作ミュージカルの初演、乃木坂46との共演など、活動ジャンルは多岐にわたる。 指揮以外にもピアニストとしても活動しており、主に伴奏者として多くの演奏家と共演する他、ピアノ協奏曲のソリストを弾き振りにて務めるなど、精力的に活動。 これまでに、指揮を広上淳一、田代俊文、三河正典、ピアノを神代麻子、野田清隆、テューバを田中眞輔、音楽理論を伊佐治直の各氏に師事。

土崎 譲
  ヴォイス・トレーナー

土崎先生の写真

東京藝術大学卒業。同大学院修士課程修了。第17回奏楽堂日本歌曲コンクール第一位、中田喜直賞受賞。 第76回日本音楽コンクール入選。 文化庁新進芸術家派遣員としてウィーンに留学。 朝日新聞社主催第50回芸大メサイアをはじめ、バッハからプッチーニまで様々な宗教曲、オーケストラ作品にソリストとして出演し、 G.ロジェストヴェンスキー、H.J.ロッチュ、G.クーンらの指揮者と共演、その真摯な音楽アプローチには定評がある。 オペラでもモーツァルト、ドニゼッティ、ヴェルディをはじめ幅広い作品をレパートリーとして出演する他、『こども音楽館《魔笛》』 でチョン・ミョンフンと、小澤征爾音楽塾「こうもり」で小澤征爾と共演。 山田耕筰「黒船」で新国立劇場にデビュー後、「修禅寺物語」「ばらの騎士」「さまよえるオランダ人」で同劇場に出演を重ねる。 チロル音楽祭ERL(墺)、国際室内音楽祭(伊)、教会音楽祭(伊)など海外にも招かれ、アルトアディジェ音楽祭(伊)で出演したオペラ「アルズィーラ」 はヴェルディオペラ全集《Tutto Verdi》に収録され、ヴェルディイヤーの2013年に世界中で発売された。 2019年には日本・オーストリア修好150年記念コンサートとしてウィーン・コンツェルトハウスにてモーツァルト「レクイエム」に出演、好評を博した。 合唱指導、ヴォイストレーナーとしての活動も精力的に行い、全国各地の合唱団に招かれ、その経験に基づく的確で熱意ある指導に定評がある。 日本声楽アカデミー、日本演奏連盟会員。 さいき城山桜ホール開館セレモニー総合演出。 2015年4月より横響合唱団ヴォイストレーナー。

高橋 ちはる
  ヴォイス・トレーナー

高橋先生の写真

東京藝術大学、同大学院修士課程及び博士後期課程独唱専攻修了。ウィーン国立音楽大学リート・オラトリオ科研究科修了。第79回日本音楽コンクール入選。 第10回中田喜直記念歌曲コンクール大賞並びに中田喜直賞(第1位)受賞。 台東区ベートーヴェン「第九」公演にて藝大オケと共演しソリストデビュー後、J.S.バッハ「マタイ受難曲」モーツァルト「レクイエム」マーラー「交響曲第2番《復活》」等ソリストとして多数出演。 オペラではJ.シュトラウス?世「こうもり」(オルロフスキー役)、フンパーディンク「ヘンゼルとグレーテル」(ヘンゼル役)等に出演。 文化庁助成・日本演奏連盟主催によるリートリサイタルを開催、「音楽の友」「音楽現代」の各誌にて高い評価を得た後も、各地でコンサート活動を展開中。 バッハ・コレギウム・ジャパン声楽メンバーとして国内外での演奏会、録音に参加している。

飛松 利子
  ピアニスト

飛松先生の写真

桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ科及びウィーン国立音楽大学ピアノ科卒業。クロード・カーン国際ピアノコンクール(パリ)第4位。 パルマドーロ国際コンクール(イタリア)Vn&Pfデュオ部門、ピアノ部門各々第2位(1位なし)と課題曲最優秀賞受賞。NHK-FM「春に巣立つ新人たち」 「名曲リサイタル」、軽井沢音楽祭等に出演。 やまなし県民音楽祭にて共演者賞受賞。ソロ及びコンクール、リサイタル等アンサンブルピアニストとして演奏活動の傍ら、日本クラシック音楽協会「優秀指導者賞」受賞。 軽井沢ミュージックサマースクール、鎌倉市民混声合唱団ピアニスト。オーストリア文化とふれあう音楽とワインの会実行委員。逗子文化の会会員。


寺尾 菜穂子
  ピアニスト

寺尾先生の写真


武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。在学中、奥村嘉子・的場喜美の各氏に師事。 卒業後より、ヤマハ音楽教室講師。現在、横浜市立南高等学校・附属中学校PTA合唱団を始め、神奈川県の数団体の常任ピアニストとして活動し、合唱祭に出演。